© 2017 大庭自然探偵団 All Rights Reserved.

湘爺
2018年8月25日

(8/25) 引地川湘南台地区(カラスの災難 ほか)

0件のコメント

台風が過ぎて、また猛暑が戻ってきましたね。

今朝の川は静かでした。

セミの鳴き声も聞こえません。

うっかり通り過ぎるところでした。

桜の幹にカマキリが居ました。

「オオカマキリ」のようです。

【写真101】

 

正面顔です。

【写真102】

 

桜の木の上の方から「ヒヨドリ」のけたたましい鳴き声と供に、2羽が絡み合いながら落ちてきました。そして、落ちながら一羽が飛び去り、もう一羽が目の前の枝に留まりました。

枝に留まった「ヒヨドリ」を見ると幼鳥でした。

【写真103】

 

最初「ヒヨドリ」の縄張り争いかと思いましたが、兄弟喧嘩だったようです。

顔をトリミングして大きくしました。

【写真104】

 

桜の木の中からカラスの鳴き声が聞こえてきました。

鳴き声から、たぶん「ハシブトガラス」だろなと思いながら、桜の木の中を覗いて探しました。

居ました、やはり「ハシブトガラス」でした。

【写真105】

 

しかし、何か様子が変です。

鳴き続けています。

最初は、親を呼ぶ幼鳥かと思いましたが、大人の顔つきだし口の中は赤くありません。

だとすると、子供を呼ぶ親かと思いました。

でも、やはり様子が変です。

盛んに上を向きながら鳴いています。

カメラのファインダー越しに見ていると、口のところに、何か違和感を感じました。

顔の写真を何枚か撮って、拡大して見ました。

あっ、口の中に小枝が刺さっているようです。

【写真106】

 

口の中に刺さった小枝が苦しくて、上を向いて鳴いているようです。

これはそう簡単には取れそうもありませんね。

どうして、こんなことになっちゃったんでしょう。

私としては何もしてあげられません、自然にゆだねるしかありません。

 

秋山 孝

 

最新記事
  • tomiko
    2日前

    秋日和に恵まれ、今日も楽しく空を見上げたり、足元を見つめながら、歩くことができました。 晩秋を迎えても、昆虫は活動しているものが多く見られましたが、一人ではなかなか気付かないと思います。 植物の説明もその場で詳しくお聞きし、有意義な時間を過ごすことができ有難いことです。 観察会の中から印象に残ったものと、行き帰りに撮った写真です。 1)ハキダメギク 可愛い花ですが名前が気の毒です。 2)スズメガの仲間コスズメの終齢幼虫 3)トゲナナフシ 4)ムラサキシキブ  5)オオスカシバの幼虫 6)ウラナミシジミ 7)モンシロチョウ 8)ハバビロカマキリ 9)セグロアシナガバチ ここからは集合前に撮った ホオジロ 大庭遊水地の木道に降りていたカワセミの♀ 水溜まりに飛び込んで何か捕えていました。 解散後にアキアカネ 他のトンボは見当たりませんでした。 帰りに寄った大庭遊水地木道で、ジョウビタキ♂が何回も姿を現しました。自分の舌を出しているのでしょうか。囀りの最中?実ではないと思います。 風で頭が毛羽立っているのでしょうか。 最後にやっとアオジの証拠写真が撮れました。
  • 湘爺
    2日前

    11月10日、大庭自然探偵団の観察会が行われました。 「観察会記録」 に観察会結果報告を投稿しましたので、ご覧になってください。 秋山 孝
  • tomy
    3日前

    田んぼで、よくチョウゲンボウを見かけます。 電柱に止まって羽繕い。 頭をクルッと回したり、クリクリと頭掻きをしたり、のんびりしていました。 そのうち、パッと飛んで、バッタ(イナゴかな)を捕えて電線に戻りました。 こんな小さなエサは一口でパクリと食べてしまうのか、と思いましたが、 脚を取り除いたりしながら、何度かチョコチョコ啄んで、少しずつ食べていました。 石川の林縁で、キキキッと、ツグミの声がして、 遠くの枝先に止まりました。 声は少し前に聞いていたのですが、姿はこの冬始めて見ました。