© 2017 大庭自然探偵団 All Rights Reserved.

湘爺
2018年5月2日

(5/2) 引地川湘南台地区(カナヘビなど)

0件のコメント

今晩から雨になるようですが、何だか蒸し暑いですね、

そう思っていたら、夕方から寒くなってきました。

そういえば、天気予報で寒冷渦と言うのが来ると言ってました。

 

4月5日に梨園の梨の花が満開と紹介しました。

今日覗いてみると、実が膨らみ始めていました。

【写真101】

 

葉の上に小さな虫が居て、何気なく撮りました。

特徴的だからわかるかなと、家に帰って調べてみましたがよくわかりませんでした。

何と言う虫でしょうね。

【写真102】

 

暖かくなって、土の中で越冬していた「カナヘビ」が出てきています。

今季何度か目の前に現れましたが、こちらが気が付くとカメラを向ける前に逃げてしまいます。

そんなことが何度かあり、今季まだ撮影できていません。

「カナヘビ」は写真を撮らせてくれることが多いのに、今季はどうしたんでしょうね。

嫌われてしまったのかな。

今朝も、桜の木にへばりついているのを見つけ、カメラを向けようとするとスルッと逃げてしまいました。でも、ようやくちゃんと撮らせてくれる「カナヘビ」に巡り合えました。

葉っぱの上にだら~っと寝そべっているのが居ました。

カメラを構えるのと、向こうが気が付くのが同じようなタイミングでした。

すると、だら~っと寝そべっていた「カナヘビ」が前足を踏ん張りすっくとしました。

何かあればすぐ逃げられる体勢を作ったのかもしれませんが、私には、写真に撮られるので寝そべった格好ではまずいので、足を踏ん張って凛々しい姿になったように感じました。

そこを撮ったのがこの写真です。

【写真103】

 

全体像も撮りたいと思い、回り込んでカメラを構えました。

こちらを意識してか、カメラ目線でポーズしました。

【写真104】

 

「カナヘビ」はこうでなくちゃ。

ありがとうと言ってその場を離れました。

しかし、本当に鳥を見かけなくなりました。

すると、上からカモの鳴き声が聞こえてきました。

見上げると3羽の「カルガモ」が飛んでいます。

急いでカメラを向けてパチリトやりました。

【写真105】

 

「カルガモ」はどこにでもたくさんいるので、カメラを向けることはあまりありませんでした。

でも、最近数がぐんと減った気がします。

穴だらけの葉っぱがあり、何気なく覗きこ見ました。

すると「コフキゾウムシ」が居ました。

大きいのがメスで小さいのがオスかな。

【写真106】

 

黄色い小さな花がたくさん咲いていました。

なかなか綺麗です。

植物はよくわからないので家で調べましたが、「コモチマンネングサ」のような気がしますが、どうでしょうか。

【写真107】

 

秋山 孝

 

最新記事
  • tomy
    7時間前

    植物の活動で今田遊水地へ出かけました。 そろそろ来ているかな、と期待したイカルチドリ。 鳴きながら飛んで、遠くの岸へ降りました。 その後4羽ほどが何度か飛びましたが、良い所へは来てくれませんでした。 カイツブリはたくさん戻ってきていました。 まだまだ元気なヒシの葉の中にいた1羽。 ちょっと遠くですが、何やら時々絡みながら動いていた、3羽。 ハシビロガモも来ていました。 お休みモードの2羽。 オスが1羽、のんびり泳いでいました。 まだ換羽中です。 ヒドリガモも来ていました。 目が可愛い、♀。 そろそろ終わりにしようとしていると、ジェイ、と鳴いて 足元からタシギが2羽飛び出しました。 すぐに見失ったのですが、 飛んだ方に何やらクチバシの長い鳥。 何?と思って確認すると、ハマシギでした。 海岸にいるはずのハマシギがこんな所に居るなんて、とビックリでした。 夏羽の黒いお腹の名残が点々になって残っています。 草地から舗装した通路の方へトコトコ。 迷ってきてしまったようです。 はやく海岸へ戻ってね。
  • tomiko
    3日前

    秋日和に恵まれ、今日も楽しく空を見上げたり、足元を見つめながら、歩くことができました。 晩秋を迎えても、昆虫は活動しているものが多く見られましたが、一人ではなかなか気付かないと思います。 植物の説明もその場で詳しくお聞きし、有意義な時間を過ごすことができ有難いことです。 観察会の中から印象に残ったものと、行き帰りに撮った写真です。 1)ハキダメギク 可愛い花ですが名前が気の毒です。 2)スズメガの仲間コスズメの終齢幼虫 3)トゲナナフシ 4)ムラサキシキブ  5)オオスカシバの幼虫 6)ウラナミシジミ 7)モンシロチョウ 8)ハバビロカマキリ 9)セグロアシナガバチ ここからは集合前に撮った ホオジロ 大庭遊水地の木道に降りていたカワセミの♀ 水溜まりに飛び込んで何か捕えていました。 解散後にアキアカネ 他のトンボは見当たりませんでした。 帰りに寄った大庭遊水地木道で、ジョウビタキ♂が何回も姿を現しました。自分の舌を出しているのでしょうか。囀りの最中?実ではないと思います。 風で頭が毛羽立っているのでしょうか。 最後にやっとアオジの証拠写真が撮れました。
  • 湘爺
    3日前

    11月10日、大庭自然探偵団の観察会が行われました。 「観察会記録」 に観察会結果報告を投稿しましたので、ご覧になってください。 秋山 孝