© 2017 大庭自然探偵団 All Rights Reserved.

湘爺
10月21日

(10/21) 葛葉緑地( エゾビタキ など )

0件のコメント

昨日、藤沢探鳥クラブの観察会に参加してきたので紹介します。

行ってきたのは、秦野市にある葛葉緑地です。

見聞きした野鳥は以下の18種でした。

ハシボソガラス、ハクセキレイ、イソヒヨドリ、ムクドリ、コゲラ、

セグロセキレイ、オオタカ、モズ、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、

ヤマガラ、キジバト、ハシブトガラス、スズメ、ヒメアマツバメ、

カワラヒワ、エゾビタキ。

緑地の入り口にあった案内板です。

【写真101】

 

見聞きしたのは18種でしたが、写真に撮れるような現れ方はしてくれなくて、写真はほとんど撮れませんでした。

写真を撮ることにはあまりこだわらず、目で緑を楽しみ、鼻で空気を楽しみ、肌で自然を楽しんできました。

自然らしさが特別強いわけではありませんが、緑地内には情報センターに相当する くずはの家、ほたるの道、くすのき広場、くずのはつり橋、けやきの道、うぐいすの道、野鳥の土手、どんぐり山など、色々自然を楽しめます。

「ハクセキレイ」です。

【写真102】

 

「モズ」が高鳴きをしていました。

【写真103】

 

アザミの仲間に「アサギマダラ」が留まってました。

翅が痛んでいて、あまり元気がありません。

時々この付近をフワフワ飛ぶだけで、他に移動できない感じです。

【写真104】

 

「ミスジマイマイ」はあちこちにたくさんいました。

【写真105】

 

「ホシホウジャク」のようです。

【写真106】

 

極々小さなカタツムリが居ました。

【写真107】

 

最後に出口で、電線に鳥が留まっていました。

何だろうと思ったら、双眼鏡で覗いていた人が「エゾビタキ」ですと言いました。

「色々紹介できなくてごめんね、おわびに私が姿をお見せします」と言って出てきたような印象がありました。

ありがとうと言ってパチリ。

確かに、胸の縦じまが特徴の「エゾビタキ」です。

【写真108】

 

緑地の、のんびり散歩を楽しんできました。

 

秋山 孝

 

最新記事
  • tomiko
    2日前

    秋日和に恵まれ、今日も楽しく空を見上げたり、足元を見つめながら、歩くことができました。 晩秋を迎えても、昆虫は活動しているものが多く見られましたが、一人ではなかなか気付かないと思います。 植物の説明もその場で詳しくお聞きし、有意義な時間を過ごすことができ有難いことです。 観察会の中から印象に残ったものと、行き帰りに撮った写真です。 1)ハキダメギク 可愛い花ですが名前が気の毒です。 2)スズメガの仲間コスズメの終齢幼虫 3)トゲナナフシ 4)ムラサキシキブ  5)オオスカシバの幼虫 6)ウラナミシジミ 7)モンシロチョウ 8)ハバビロカマキリ 9)セグロアシナガバチ ここからは集合前に撮った ホオジロ 大庭遊水地の木道に降りていたカワセミの♀ 水溜まりに飛び込んで何か捕えていました。 解散後にアキアカネ 他のトンボは見当たりませんでした。 帰りに寄った大庭遊水地木道で、ジョウビタキ♂が何回も姿を現しました。自分の舌を出しているのでしょうか。囀りの最中?実ではないと思います。 風で頭が毛羽立っているのでしょうか。 最後にやっとアオジの証拠写真が撮れました。
  • 湘爺
    2日前

    11月10日、大庭自然探偵団の観察会が行われました。 「観察会記録」 に観察会結果報告を投稿しましたので、ご覧になってください。 秋山 孝
  • tomy
    3日前

    田んぼで、よくチョウゲンボウを見かけます。 電柱に止まって羽繕い。 頭をクルッと回したり、クリクリと頭掻きをしたり、のんびりしていました。 そのうち、パッと飛んで、バッタ(イナゴかな)を捕えて電線に戻りました。 こんな小さなエサは一口でパクリと食べてしまうのか、と思いましたが、 脚を取り除いたりしながら、何度かチョコチョコ啄んで、少しずつ食べていました。 石川の林縁で、キキキッと、ツグミの声がして、 遠くの枝先に止まりました。 声は少し前に聞いていたのですが、姿はこの冬始めて見ました。